著者情報
  • 金子 デメリン
  • Demerin Kaneko

漫画家、イラストレーター、楳図かずお研究家。 別名 金子三生。

東京都豊島区巣鴨出身。5歳頃より絵本をつくりはじめる。当時の代表作は『ゆきだるまがしゃべった』『おまんじゅうころりんちゃん』『おおきなおうち ちいさなおうち』など。幼稚園卒園の際に園児を代表し園長先生へ贈る似顔絵を描いたのをかわきりに、小中学生時代は行事毎にイラストレーターとして好評を得る。受賞多数。父親がデザイナーをやっていた関係で家に専門的画材がたくさん転がっていたためか、幼稚園・小学校時代は、好きなだけ画材を使い絵を描きまくる。食べ物の写生は当時から大好きだった。6歳頃から絵画教室で絵を学ぶ。9歳頃、母親の薦めにより『怪』を読んだことがきっかけで楳図かずおの漫画を読みはじめ、手紙を何回も出すほどの大ファンとなる。10歳頃、楳図かずおインタビュー集『恐怖への招待』を読み、漫画家というものを意識しはじめる。小学校の卒業式では、シュプレッヒコールで「イラストレーターになって世界中の人々に夢を与えたい」と宣言した直後、貧血で倒れる。ついでに小学校の卒業アルバムに書いた「尊敬する人」はウォルト・ディズニー。中学1年のとき、第2回パセオTシャツデザインコンテストに入選し、イラストが商品化される。中学では美術部に所属し油絵を描く。一方、小学生時代から長年望んでいた楳図かずお研究を、1997年頃から開始。2003年より楳図研究の自主制作本『ウメゾロジー』を発行。2005年、『フィギュア王』 Vol.89 に掲載の4コマ漫画『楳図王国こぼれ話』でデビュー。以後、漫画家・イラストレーターとして活動し現在に至る。著書に『ウメゾロジー』(ブルース・インターアクションズ 刊)がある。『ウメズモ~楳図かずお物語』を執筆中(2008年、小学館から発売予定)。

http://demerin.com/

関連書籍:
ウメゾロジー【愛蔵版】
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
TO PAGE TOP