書籍
レトルトカレー図鑑

レトルトカレーは、日本が世界に誇る文化である。

幻の元祖ボンベイのチキンカレーから、STAR WARSカレーまで、パッケージ1,123種類掲載!
世界広しといえど、日本のレトルトカレーのパッケージほど特殊な「メディア」はありません。「Jリーグ」から「広島名産かき」、「田崎真也の赤ワイン」から「あしたのジョー」まで、全部カレーにしちゃおうなんて一体誰がそんなだいそれたこと……。ラーメンではこの様な文化は生まれなかったでしょう。同じレトルトでもシチューではなく、なぜカレー? そう、このパッケージの中にニッポンの過去・現在・未来がつまっているのです。

【もくじ】
《ご当地カレー》
広島名産 かきカレー/沖縄の元気のもと! ゴーヤーカレー…etc.
《ご当店カレー》
あの元祖ボンベイのキーマカリー/アジャンタ薬膳カリィ本舗 とりかりぃ…etc.
《ご当人カレー》
カレー五人衆 名人達のカレー/大泉洋プロデュース 本日のスープカレーのスープ…etc.
《企画カレー》
中越大震災復興支援カレー/吉本新喜劇カレー ほな、たべてみ亭…etc.
《海外カレー》
インドで買ったインドカレー/タイで買ったタイカレー…etc.
《アニメカレー》
ドラえもんカレー/ハローキティ北海道限定カレーほたて入り…etc.
《メーカー別カレー》
ハウスカレー/S&Bカレー/明治製菓カレー/グリコカレー/大塚カレー
《コラム》
レトルトカレー歴史探訪/レトルトカレーメディア論/レトルトカレー製造方法/レトルトカレー読心術/レトルトカレーレトロ版/レトルトカレー収集秘話/レトルトカレー衝撃事件/レトルトカレー市場シリーズ

【あとがき立読み】
2004年の秋、何を血迷ったのか、ボクは自分の結婚式の引き出物としてオリジナルのレトルトカレーを製作することにした。中身はエスビー食品と一緒に開発したダブルパウチのカレー。パッケージはイラストを寄藤文平さん、アートディレクションをバタフライストロークの青木克憲さんという、今をときめくクリエイターコンビに手がけてもらった超豪華版だ。式の前夜、会場となった新宿パークハイアットに200個のレトルトカレーが運び込まれる。多分ホテルだってこんなことは前代未聞のできごとだっただろう。当日レトルトの箱を手にとって盛上る出席者を横目に、嬉しい反面、ちょっぴり疑問も頭をよぎった。そもそも、ボクの人生はこういうことでよかったんだろうかって(笑)。
ボクにとってレトルトカレーに関する一番古い思い出は今から20年ほど前、小学生だった頃までさかのぼる。「赤カリー」と「黒カリー」というレトルト商品が好きだった。自宅キッチンの扉を開けるとそこにはいつも「赤」と「黒」の箱が山と積み重ねられて、食べ盛りのボクには最高のおやつだった。両親がいつも買い足してくれてたおかげで、食べても食べても扉の中の宝の山が減ることはなかった。それがあるときから徐々に減りはじめ、ついに最後のひと箱に。ボクは母親に詰め寄った。
「あのカレーはもう買わないの?」
「最近スーパーで見かけなくなったのよ……」
「そんなのウソだ!」
慌てたボクは最後のひと箱の裏を見て、ハウス食品のお客様窓口に電話した。
「あのぉ、赤カリーと黒カリーがスーパーで売ってないんですけど」
オトナのお姉さんが冷たい調子で答える。
「あいにくそちらの商品は製造を中止いたしました」
ま、まさか……。心にポッカリ穴が開いた気分だった。〈中略〉「あの味の美味しさがわからないなんて、日本はもう終わりだ!」。事情も全く知らないくせにとにかく大げさに世の中のせいにして、ひとり泣き寝入りするしかなかった。以来、ボクはレトルトカレーを食べるのをやめることにした。
それから15年の歳月がたち、決別したはずのレトルトカレーへの愛がまたボクの中で再燃し始めることになる。「食べるカレー」ではなく「集めるカレー」として。3年後にはエスビーで「作るカレー」を体験し、そのまた2年後にはついにはこの通り、「読むカレー」として本まで出版することができた。これは小学校時代のボクには想像もつかなかった未来だ。そして今、ボクの自宅キッチンの扉を開けると、そこには「食べるカレー」の箱が小高い山を作っている。なぁんだ、結局昔も今もやってることは変らないじゃないか(笑)。と、タイミングよくケータイが鳴った。友達からだ。
「いまコンビニなんだけど、『カツ煮カレー』とかっていう変わったレトルト売ってるよ」
「え! マジで!? 早速コンビニに走らなきゃ!」
くよくよ悩んでいる暇はないのだ。こうやってボクはこれからもずっとレトルトカレーにまみれて生きていく宿命にあるのかもしれない。というわけなので、この本を最後まで読んでくれたみなさんとは、また5年後あたりに『レトルトカレー★図鑑2』でお会いしましょう。その頃、ボクのパッケージコレクションは軽く2000種類を超えてるはずですからね。(水野仁輔)

関連書籍:
うっとりカレーパン
水野仁輔の本当は教えたくないカレー 東京最好の100店 RETURNS
銀座ナイルレストラン物語
水野仁輔の本当は教えたくないカレー
水野仁輔のザ★カレー
東京カレー★バイブル
東京カリ~番長のザ・カレー
  • 「エイリアン・ サバイバル・マニュアル」特設サイト
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン
森 百合子 / 著
2 週刊金澤2007-2014 週刊金澤2007-2014
金澤ダイスケ(フジファブリック) / 著
3 昭和のレコード デザイン集 昭和のレコード デザイン集
山口‘Gucci’佳宏 / 鈴木 啓之 / 著
4 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ
森 百合子 / 著
5 オランダ・ショート・トリップ オランダ・ショート・トリップ
auk(オーク) / 編著
集計期間:2017/11/8~11/14
新着レビュー

  • 丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に)
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ
  • 銀杏BOYZトリビュートCDはこちら
  • キュウソネコカミの初単行本はコラム集!
  • <旅する絵本作家> ミロスラフ・サセックの “This is” シリーズ 全18冊
  • mt(masking tape) X Miroslav Sasek
  • 電子書籍
  • BLUES&SOUL RECORDS
  • EYESCREAM
  • EYESCREAM.jp
  • bmr.jp
  • SPACE SHOWER STORE
  • メディア関係者の方へ

TO PAGE TOP