書籍
マイケル・ジャクソン裁判

もしあなたが、著名人の裁判で裁判員に選ばれたら…
メディア報道に流されることなく、正しい答えを導きだせますか?

各メディアで話題!
『ブルータス』『ollie』『GRIND』『CROSSBEAT』『TVガイド』『bounce.com』ほかで紹介されています。

史上最大のポップスター裁判の実態に迫る話題のベストセラー、遂に日本上陸!
 
「マイケル・ジャクソン裁判の法廷で起こった出来事を知りたければ、本書を読むべきだ。無邪気で心優しき天才ミュージシャンが、保守的で知られるカリフォルニア州サンタマリアの陪審から無罪放免されたのはなぜか? 本書はその理由を、明瞭かつ感動的に説明している。正義は実現された」

―トム・メゼロウ(弁護士:序文より)

かつて反マイケルの偏向報道をしてきた有名ジャーナリストが徹底取材を重ねて辿り着いた驚くべき結論とは…? マイケル・ジャクソン裁判の実態と、歪曲されたメディア報道について、真実を伝える!

 

【ちょっと立ち読み】
マイケル・ジャクソンが無罪となった日、私は判決についてフォックスのスター・キャスター、ビル・オライリーに本音を問われた。数カ月にわたり、『フォックス・ニュース』で同裁判を報道してきた私は、反マイケルのコメントを数多く発していた。
ポップ・スターは有罪だと、視聴者を信じさせるような発言をしてきたのだ。オライリーに「無罪」判決の感想を迫られた時、私は口ごもった。オライリーに率直な返答を求められ、私はようやく、陪審の判断は正しかったと思う、と語った。
しかし、心のどこかでは、まだショックを感じていた。
私はこのコメントを発した時、自分が裁判の結果を誤って予測していたメディア関係者の一人となってしまった、という事実に気づいた。これ以降、私は公の場で同裁判についてほとんど語らなくなった。私の周囲にいた多くの人々は、マイケルの有罪を確信していた。メディア関係者の中には、検察側の主張にあわせて報道を歪める者もいた。かくいう私も、この危険な潮流に乗ったジャーナリストの一人だった。
どういうわけか、私は事実を見逃していたのである……

関連書籍:
禁断の英語塾
JB論
マイケル・ジャクソン:メイキング・オブ・スリラー
ヤング・マイケル・ジャクソン写真集1974-1984【初回限定版】
ヤング・マイケル・ジャクソン写真集1974-1984
マイケル・ジャクソン・トレジャーズ
エイミー・ワインハウス ディーヴァの憂鬱
ボブ・マーリー レジェンド
アメリカン・スプレンダー
  • 「エイリアン・ サバイバル・マニュアル」特設サイト
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 大橋裕之の1P 大橋裕之の1P
大橋 裕之 / 著
2 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
3 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン
森 百合子 / 著
4 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ
森 百合子 / 著
5 3日でまわる北欧 in ストックホルム 3日でまわる北欧 in ストックホルム
森 百合子 / 著
集計期間:2017/11/15~11/21
新着レビュー

  • 丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に)
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ
  • 銀杏BOYZトリビュートCDはこちら
  • キュウソネコカミの初単行本はコラム集!
  • <旅する絵本作家> ミロスラフ・サセックの “This is” シリーズ 全18冊
  • mt(masking tape) X Miroslav Sasek
  • 電子書籍
  • BLUES&SOUL RECORDS
  • EYESCREAM
  • EYESCREAM.jp
  • bmr.jp
  • SPACE SHOWER STORE
  • メディア関係者の方へ

TO PAGE TOP