書籍
プロ無職入門 高木壮太の活ける言葉

けしからぬ者がいる。。。

ミュージシャンにして、映像作家にしてプロ無職。
今最も「けしからぬ者」高木壮太が贈るデビュー金言集。

中原昌也氏推薦!

高木氏が、インターネット上に書きなぐった雑言と雑学を、
1冊にまとめました。

twitterでフォロワーを爆笑と激怒で炎上させた名ツイート400本を収録!
mixiでマイミクを感涙&覚醒させた妄想日記やコラムを150本大公開!

高木氏は、資産もないのに無職を20年以上やっている、
無職のスペシャリストです。
忙しく働いてしまう素人の私たちに代わり、
無職であり続け、くだらないことや不謹慎なことを哲学し、
ムダ知識を蓄えて来ました。
それを高木氏に放出してもらったのが、この本です。
愛、呪詛、自己顕示、知識偏重、哀れみ、おかしさ、
そして何よりもナンセンスについて書いた文章を拾い集めました。

■著者紹介
高木壮太(たかぎそうた)

1968年徳島市生まれ。高校中退後、さまざまな職に付かず、やりたくない事から死に物狂いで逃げ回るうちに、鍵盤奏者としての活動へスライド。本業なき副業として、GREAT3やボニーピンク、YUKI、エルマロから和田アキ子までのサポート/レコーディングを経験。世界十カ国での巡業では、シンセサイザーによる想像を絶する騒音を残し、現地の耳鼻科医たちから注目を浴びる。中年に差しかかり、聴覚の衰えをものともせずにサイレント映画の創作に没頭。2010年には、ついに初のトーキー作品『RAWLIFEとその時代』を完成させるも、さまざまな方面からの非難を浴び、現在逃亡中。二2012年、処女著作「プロ無職入門~高木壮太の活ける言葉」を上梓。

https://twitter.com/#!/takagisota

  • 「エイリアン・ サバイバル・マニュアル」特設サイト
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
2 青森県立美術館コンセプトブック 青森県立美術館コンセプトブック
青森県立美術館 / 編
3 3日でまわる北欧 in ストックホルム 3日でまわる北欧 in ストックホルム
森 百合子 / 著
4 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン
森 百合子 / 著
5 ピーターラビットの生みの親 ビアトリクス・ポター物語 ピーターラビットの生みの親 ビアトリクス・ポター物語
サラ・グリストウッド / 著
集計期間:2017/9/13~9/19
TO PAGE TOP