書籍
bmrレガシー 栄光のソウル・レジェンド

R&Bもいい。ヒップホップもいいだろう。
でも、おまえの魂はどこに行ったんだ?!

「リズム&ブルース」と「R&B」に挟まれた、黒人音楽が最も熱かった季節……それが「ソウル」の時代。60年から80年代にかけて、そんな時代を先導したアーティストたちの秘蔵インタヴューが、甦る!

雑誌『bmr』のアーカイヴから、今までなかった切り口でコンパイルするインタヴュー総集本の第3弾。前回の『ディアンジェロとネオ・ソウル』から先祖帰りして、今度は「ネオ」ではなく本家・本元・本物のソウルだ!

アメリカ黒人音楽の根幹をなす「歌もの」は、時代の移り変わりに応じて、ジャンル呼称の変遷も経てきた。
1940年代後半からのリズム&ブルース、
1950年代後半/60年代前半からのソウル、
1980年代からのR&B。
リズム&ブルースの登場以来、アメリカ黒人音楽の本質は変わっていないものの、ブラック・ミュージックが最も熱かったのは、間違いなく「ソウルの時代」だろう。なぜならソウルというものは、黒人たちが同胞の社会的地位向上のために必死となって戦った60年代と、それに続く文化的成熟の70年代を背景とした音楽だから。
これは、そんな時代に活躍したアーティストたちのインタヴューを収めたものである。

【登場アーティスト】
STEVIE WONDER
THE TEMPTATIONS
ISAAC HAYES
BOBBY WOMACK
THE ISLEY BROTHERS
CURTIS MAYFIELD
MAZE FEATURING FRANKIE BEVERLY
AL GREEN
ASHFORD & SIMPSON
BARRY WHITE
THE O'JAYS
SMOKEY ROBINSON
MAVIS STAPLES
CHARLIE WILSON
etc.

関連書籍:
丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に)
丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ
丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ
丸屋九兵衛が選ぶ、ヒップホップの決めゼリフ
史上最強の台北カオスガイド101
bmrレガシー 永遠のウェッサイ
bmrレガシー 灼熱のファンク・レジェンド
bmrレガシー ディアンジェロとネオ・ソウル
bmrレガシー スーパープロデューサーズ
THE BAWDIES: THIS IS MY SOUL
音楽誌が書かないゴシップ無法痴態
プリンス 戦略の貴公子
bmrプレゼンツ・ソングスター!
bmrプレゼンツ・サウス&ミッドウェスト!
ヒップホップ/R&B ランキング500![1990~1999]
bmrプレゼンツ・ディーヴァ!
bmrプレゼンツ・ラティーノ!
bmrプレゼンツ・ウェッサイ!
来日ブルースマン全記録
関連マガジン:
bmr 400(2011年12月号)<br />【月刊最終号】
bmr 399(2011年11月号)
bmr 398(2011年10月号)
bmr 397(2011年9月号)
bmr 396(2011年8月号)
bmr 395(2011年7月号)
bmr 394(2011年6月号)
bmr 393(2011年5月号)
bmr 392(2011年4月号)
bmr 391(2011年3月号)
bmr 390(2011年2月号)
bmr 389(2011年1月号)
bmr 388(2010年12月号)
bmr 387(2010年11月号)
bmr 386(2010年10月号)
bmr 385(2010年9月号)
bmr 384(2010年8月号)
bmr 383(2010年7月号)
bmr 382(2010年6月号)
bmr 381(2010年5月号)
  • 奥山由之 写真展「君の住む街」
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ
森 百合子 / 著
2 3日でまわる北欧 in ストックホルム 3日でまわる北欧 in ストックホルム
森 百合子 / 著
3 皆川明100日WORKSHOP 皆川明100日WORKSHOP
ワタリウム美術館(企画監修) / 皆川 明(ことば) /
4 新R&B入門 新R&B入門
林 剛 / 荘 治虫 / 著
5 新R&B教室 新R&B教室
林 剛 / 荘 治虫 / 著
集計期間:2017/4/19~4/25
TO PAGE TOP