書籍
ニッポン・ポップス・クロニクル 1969-1989

現役最高齢の音楽プロデューサー・牧村憲一が、
1969年から1989年までの日本のポップス史を1年ごと、時系列に執筆。
各年ごとにその年のポップス・シーンを語るにふさわしい音楽関係者をゲストに迎え、
彼らが実際に見て、聞いて、体感した事実だけでつづられる、ライブ感覚あふれるクロニクル!

「日本最古の──そして最も尖っていたフリー音楽プロデューサーの一大クロニクル。本書を読めば、高度に産業化する前の『音楽の現場』が、政治や社会との深い関わりなしには語れないことがよくわかる。いかにして日本のポピュラーミュージックが『J-POP』に変わっていったのか。本書には本邦初公開の貴重な証言がこれでもかとばかりに散りばめられており、3.11を経て変わるミュージシャンの意識と対照させて読むことで、新たな音楽ビジネスのヒントも見えてくるはずだ。すべてのミュージシャン、リスナー、そして何か新しいことを始めたいすべての『不良』たちに薦めたい、世界を変えるための『指南書』がここにある。」
……津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)

「ここに書かれているのは、CD以前、レコードの時代の話が大半で、若い世代にとっては初めて名前を聞くであろうアーティストも多数登場する。
だが、音楽が好きであれば世代を問わずに読みこなせる、ある意味で『日本のポップスの入門書』としての役割を果たすものにしたつもりだ。
(中略) 素晴らしい証言者を得て、本書はたくさんの『音楽の川』を書くことが出来た。
それと共に、その1本ずつの川が合流し、大きな河となって流れているのを知ることが出来るはずだ。
日本のポップスがいかに多くの人々の情熱や気概によって支えられ、紡がれてきたか。
この本を通じて、その一端でも感じ取っていただければ幸いである。」
……牧村憲一(まえがきより抜粋)

著者の筆を支えるゲスト証言者には、水橋春夫、島雄一、宮川一郎、麻田浩、長門芳郎、大森昭男、小室等、国吉静治、國分茂博、日笠雅水、永田純、佐藤輝夫、大川正義、伊藤銀次、内田宣政、宮田茂樹、藤井正博、宗像和男、高橋靖子、高野寛、岡一郎、信藤三雄
・・・以上、総勢22名(本書に登場順、敬称略)。

1970年の「中津川フォークジャンボリー」第1サブステージ上で著者が体験し、目撃した真実、はっぴいえんどのファースト・アルバムのサウンドの秘密、
忌野清志郎+坂本龍一の「い・け・な・いルージュマジック」のタイトルに何故「・」が入ったのか?……といった、現場にいたものだけが知るエピソードから、後にフリッパーズ・ギターとなる「ロリポップ・ソニック」と著者との運命的な出会いまで、随所に貴重な秘話が満載!

【特別収録】著者本人による音楽評論家・相倉久人へのロング・インタビュー。

関連書籍:
エゴ ~ 加藤和彦、加藤和彦を語る
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 伝統こけしの本 伝統こけしの本
萩原 健太郎 / 著
2 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ
森 百合子 / 著
3 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
4 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン
森 百合子 / 著
5 3日でまわる北欧 in ストックホルム 3日でまわる北欧 in ストックホルム
森 百合子 / 著
集計期間:2017/8/9~8/22
TO PAGE TOP