書籍
巨大生物解剖図鑑
生物学者リチャード・ドーキンスも参加!

巨大生物の驚異の内部構造に迫り、
数々の賞を受賞した英国のサイエンスドキュメンタリー番組
〈インサイド・ネイチャーズ・ジャイアンツ〉の日本語訳書籍が登場!



〈インサイド・ネイチャーズ・ジャイアンツ〉チームは、
不合理と合理性が混在する生物の内部の複雑な構造を解き明かした。
最も驚くべき進化を遂げた動物(ゾウ、ライオン、クジラ、ヒクイドリ、ワニ、ニシキヘビ、ホッキョクグマ、サメなど)の内部さえも。
——リチャード・ドーキンス(前書きより)


<本書の特徴>
●深海生物ダイオウイカから、生ける恐竜といわれるヒクイドリまで 
 生物学的視点で巨大生物の複雑な体内構造に迫る!

●動物たちの体内構造が一目でわかる、  迫力の観音開きの図解チャート付き!

●厳選された300 点以上の美しい写真とわかりやすく丁寧な解説で、
 巨大生物の進化の過程を詳細に理解、学習できる!


<目次>
ダイオウイカ/ナガスクジラ/ホッキョクグマ/ナイルワニ/アカカンガルー/キリン/オサガメ/ホホジロザメ/ヒクイドリ/アジアゾウ/カバ/ライオン&トラ/ビルマニシキヘビ/ヒトコブラクダ

[著者]
デイヴィッド・デュガン 〈インサイド・ネイチャーズ・ジャイアンツ〉シリーズプロデューサー。
マーク・エヴァンス 獣医学者。王立獣医科大学で学び、野生生物のテレビ番組の司会を数多く務める。

[監修者]
窪寺恒己(くぼでら つねみ)
国立科学博物館・標本資料センター コレクションディレクター
水産学博士。1982 年、米オレゴン州立大学海洋学部で研究助手。1984 年に国立科学博物館に。海生
無脊椎動物研究グループ長などを経て2011 年4 月から現職。2004 年,小笠原沖の深海でダイオウ
イカの姿を世界で初めて水中カメラでとらえ世界的ニュースとなった。2012 年、自ら潜水艇に乗り込
み水深630m の深海で人類として初めてダイオウイカと遭遇する。

田島 木綿子(たじま ゆうこ)
国立科学博物館・動物研究部・研究員
獣医学博士、獣医師。2005年、米国海棲哺乳類委員会の客員研究員としてテキサス大学およびカリフォルニアマリンマンマルセンターに在籍。2006年、国立科学博物館支援研究員、2015年、同館常勤研究員となる。国内で年間300件近く報告されるストランディング個体の調査を実施し、研究や博物館活動に応用している。ストランディングはいつどこで起こるかわからないため、日々全国を飛び回っている。

冨田幸光(とみだ ゆきみつ)
国立科学博物館 名誉研究員
PhD(理学博士)。1985年、米アリゾナ大学博士課程修了。1981年より国立科学博物館地学研究部研究官。同生命進化史研究グループ長,地学研究部長などを経て,2015 年4 月から現職。化石哺乳類の系統分類や進化が専門。2000年頃からは,とくにウサギ類化石の研究に傾倒している。「新版絶滅哺乳類図鑑」(丸善)、「図鑑ネオ恐竜」(小学館)など、著書多数。

森 健人(もり けんと)
国立科学博物館・動物研究部 支援研究員
理学博士。2015年3月、東京大学理学系研究科博士課程を卒業。2015年5月より現職。国立科学博物館に収蔵されている一群の剥製「ヨシモトコレクション」に関連して、剥製や骨格標本作成の基礎となる解剖学的知見の蓄積を進めている。哺乳類の後肢、特にラッコの股関節に解剖学的関心をもつ。また、ライフワークとして哺乳類の筋骨格乾燥標本の作成を行っている。

吉川夏彦(よしかわ なつひこ)
国立科学博物館・分子生物多様性研究資料センター 特定非常勤研究員
1982年栃木県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。
2014年6月より現職。専門は両生類・爬虫類の系統分類学、生物地理学、保全生物学。
特にサンショウウオ類を主な研究対象として、遺伝情報や形態に基づく分類の再検討や進化史の解明に取り組んでいる。

[翻訳]
五十嵐 涼子
宮城県出身。明治学院大学文学部英文学科卒業。翻訳学校卒業後、出版翻訳に携わる。
関連書籍:
プリンス 1958-2016
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 君の住む街 君の住む街
奥山 由之 / 著
2 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
3 ウディ・アレン 完全ヴィジュアルガイド ウディ・アレン 完全ヴィジュアルガイド
ジェイソン・ベイリー / 著
4 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ
森 百合子 / 著
5 新R&B教本 新R&B教本
林 剛 / 荘 治虫 / 末﨑 裕之 / 著
集計期間:2017/5/17~5/23
TO PAGE TOP