マガジン
ブルース&ソウル・レコーズ 108

ブルース&ソウル・レコーズ 第108号

表紙/レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス

特集 ブルース“再”発見──フォークの時代に発見されたブルースという源流

ブルースが現在多くの人に知られているのは、1950年代後半から60年代にかけてのフォーク・リヴァイヴァル期に“発見”されたブルース。今年生誕百年を迎えたライトニン・ホプキンスや、ミシシッピ・ジョン・ハート、サン・ハウスなど、多くのブルースマンが同時期に若い白人聴衆の前に登場し、ブルースの魅力を伝えている。ではなぜ、当時の若者たちはブルースを求めたのだろう。その背景にはなにがあったのか。多くのミュージシャンがブルースをはじめとしたルーツ・ミュージックへと視線を向ける今こそ、再びブルースを“発見”してみたい。

★ブルースを掘り起こす──フォーク・リヴァイヴァルをもたらした社会背景
★フォーク・ブルース名盤14選──時代を映したオリジナル・アルバム・ガイド
★[タブ譜例付] 打田十紀夫が名フィンガーピッキング・ギタリスト3人の奏法を解説──ミシシッピ・ジョン・ハート/ライトニン・ホプキンス/レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス
★ブルースに宿る人間の誇り──ライトニン・ホプキンスと“再発見”ブルースマンたち
★[特別寄稿] 何よりも楽しい経験──アーフーリー・レコード社主クリス・ストラックウィッツが語るあの時代
★教会を出たゴスペル──フォークの時代のブラック・ゴスペル
★ブルース発見の時代を知る11枚

【付録CD】Everybody Oughta Change - Real Blues of Folk Revival Era
1950年代後半から60年代にかけて起こったフォーク・リヴァイヴァル。当時、ボブ・ディランやライ・クーダーを含む若者たちが驚きと興奮をもって迎えた“本物”のブルースマンたち。その興奮を本CDで追体験しよう。ディランとの共演もあるビッグ・ジョー・ウィリアムス、生誕百年となる巨人、ライトニン・ホプキンスら、新たな聴衆を得て、自らのブルースをさらに輝かせた男たちをここに。

1. SLEEPY JOHN ESTES: Everybody Outhga Change
2. BIG JOE WILLIAMS: I Done Stop Hollering aka Shake Em On Down
3. LIGHTNIN' HOPKINS: Jail House Blues
4. ROOSEVELT SYKES: Mistake In Life
5. J.D. SHORT: Stavin' Chain Blues
6. BARRELHOUSE BUCK McFARLAND: Lamp Post Blues (take 2)
7. ARTHUR "BIG BOY" CRUDUP: Coal Black Mare
8. YANK RACHELL'S TENNESSEE JUG-BUSTERS: Do The Boogie Mama (take 2)
9. LITTLE BROTHER MONTGOMERY: I Must Get Mine In Front
10. ST. LOUIS JIMMY: (New Year's) Resolution Blues
11. CURTIS JONES: Tin Pan Alley Blues
12. LIGHTNIN' HOPKINS: Gamblers Blues
13. BIG JOE WILLIAMS: Someday Baby
14. SLEEPY JOHN ESTES: When The Saints Go Marching In

【その他の主な記事】

● リオ・ノセンテリ(ザ・ミーターズ)インタヴュー/ニューオーリンズ・ファンク・ギター・マスターが次々と歴史の真相暴露!
● 近藤房之助インタヴュー「やりたかったけどできなかったことをもう一度やろうと」
● アトランティックR&Bベスト・コレクション1000発売記念座談会
● BSR REVIEW 新作アルバム・リヴュー
ロバート・クレイ・バンド絶好調を維持する最新作/スワンプ・ポップのオールスター、リル・バンド・オ・ゴールド/ジョニー・ウィンター奇跡の初来日ライヴDVD ほか

【連載】

☆ 【好評連載】ダイヤモンドリングよりブルース第9回「奥村ひでまろさん インタヴュー」/妹尾みえ
☆ 【アリゲーター40周年企画】社主ブルース・イグロアが語る「アリゲーター・レコード物語」第12回 「マイケル・バークス[前編]」
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦×編集部H
☆ International Music Stroll~世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ フード・フォー・リアル・ライフ~歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出  斉の勝手にライナーノーツ
☆ リアル・ブルース方丈記「ルーサー“スネーク”ジョンスン」/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル Vol. 37/SOUND OF SOUL
☆ ゴスペル・トレイン「マリー・ナイト」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BAYOU RHYTHM サウス・ルイジアナの音楽と文化/はたのじろう
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.184/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ WORRIED MAN BLUES~カントリー・ミュージックよもやま話/渡辺芳男
☆ 文聞堂書房~古書掘りコラム/出田  圭
☆ ブルース×ロック森羅万象/山崎智之
☆ NEW BORN ROOTS! 新世代ルーツ・ミュージック/福住豪郎
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ ニッポンの。 国内アーティスト新譜紹介&イヴェント・リポート/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルの聴ける店
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか

関連書籍:
アナログ・レコードで聴くブルース名盤50選
ゴッドファーザー&サン公式読本 HIPHOP meets THE BLUES
ブルースの世界オフィシャル・ガイド
関連マガジン:
ブルース&ソウル・レコーズ 138
ブルース&ソウル・レコーズ 137
ブルース&ソウル・レコーズ 136
ブルース&ソウル・レコーズ 135
ブルース&ソウル・レコーズ 134
ブルース&ソウル・レコーズ 133
ブルース&ソウル・レコーズ 132
ブルース&ソウル・レコーズ 131
ブルース&ソウル・レコーズ 2016年9月号増刊 No.1ヒットで知るソウルの歩み[1970年代編]
ブルース&ソウル・レコーズ 130
ブルース&ソウル・レコーズ 129
ブルース&ソウル・レコーズ 2016年5月号増刊 No.1ヒットで知るソウルの歩み[1957〜69年編]
ブルース&ソウル・レコーズ 128
ブルース&ソウル・レコーズ 127
ブルース&ソウル・レコーズ 126
ブルース&ソウル・レコーズ 11月号増刊 B・B・キング完全読本
ブルース&ソウル・レコーズ 125
ブルース&ソウル・レコーズ 124
ブルース&ソウル・レコーズ 123
ブルース&ソウル・レコーズ増刊 伝えておきたいブルースのこと50
  • 「エイリアン・ サバイバル・マニュアル」特設サイト
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 大橋裕之の1P 大橋裕之の1P
大橋 裕之 / 著
2 君の住む街 君の住む街
奥山 由之 / 著
3 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
4 ファッションイラスト100年史 ファッションイラスト100年史
キャリー・ブラックマン / 著
5 伝統こけしの本 伝統こけしの本
萩原 健太郎 / 著
集計期間:2017/10/11~10/17

  • 丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に)
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ
  • 銀杏BOYZトリビュートCDはこちら
  • キュウソネコカミの初単行本はコラム集!
  • <旅する絵本作家> ミロスラフ・サセックの “This is” シリーズ 全18冊
  • mt(masking tape) X Miroslav Sasek
  • 電子書籍
  • BLUES&SOUL RECORDS
  • EYESCREAM
  • EYESCREAM.jp
  • bmr.jp
  • SPACE SHOWER STORE
  • メディア関係者の方へ

TO PAGE TOP