マガジン
ブルース&ソウル・レコーズ 11月号増刊 B・B・キング完全読本

目次

★ ピーター・バラカンが語るB・B・キングの思い出
★ 写真で追うB・B・キングの足跡
★ [特別寄稿] 永井ホトケ隆──「ブルーズを歌い続けなさい」と王様は言った
★ ブルースを信じ続けて──89年に渡った〝ブルース王者〟の生涯をたどる
★ 永久保存版ディスク・ガイド──約60枚のオリジナル・アルバム、重要編集盤、ライヴ音源、映像集など、50ページ近くに渡り紹介
★ 関連グッズ&スポット紹介
★ R&Bチャート・ヒット・シングル一覧
★ 謎多し!? BBのギター奏法完成への道 吾妻光良×ワダマコト 緊急公開対談
★ 人柄に触れたBBとのギター談義 吾妻光良による1989年未公開インタヴュー
★ BBとブルースを聴いた日 1971年、初来日時インタヴュー
★ B・B・キング来日公演リスト
★ B・B・キングの10曲──3 O'Clock Blues/Every Day I Have The Blues/Sweet Sixteen (Parts 1&2)/Rock Me Baby/How Blue Can You Get/Why I Sing The Blues/The Thrill Is Gone/Guess Who/Never Make A Move Too Soon/When Love Comes To Town [with U2]
★ BBを深く知る8つの視点
 1)一言から溢れ出すブルーな表現──ゴスペルを出発点に築いたその歌声に迫る
 2)BBサウンドは彼らとともに──BBと一体となり、極上の演奏を生んだミュージシャンたち
 3)前進、挑戦、その成果──同時代最先端ブラック・ミュージシャンとして
 4)英国ロック・ギター・ヒーローの憧れ──海を渡り刻まれたBBの影響
 5)語られキング──ブルース王者の実像を捉えた必読書 
 6)遅れて来た評価──1950〜60年代のBB評を読む
 7)受け継がれ、生き続けるBB──BBの名曲を個性豊かに発展させた5人のブルースマン
 8)〝論争〟が照らした真価──BBが〝キング〟である理由を見つめ直す
★ BBをもっと知るための12人──ブラインド・レモン・ジェファスン/ブッカ・ホワイト/ロニー・ジョンスン/タンパ・レッド/ドクター・クレイトン/Tボーン・ウォーカー/サニー・ボーイ・ウィリアムスン/ロバート・ロックウッド・ジュニア/ロイ・ブラウン/ルイ・ジョーダン/マックスウェル・デイヴィス/ボビー・ブランド
★ 人名索引
関連書籍:
アナログ・レコードで聴くブルース名盤50選
ゴッドファーザー&サン公式読本 HIPHOP meets THE BLUES
ブルースの世界オフィシャル・ガイド
関連マガジン:
ブルース&ソウル・レコーズ 134
ブルース&ソウル・レコーズ 133
ブルース&ソウル・レコーズ 132
ブルース&ソウル・レコーズ 131
ブルース&ソウル・レコーズ 2016年9月号増刊 No.1ヒットで知るソウルの歩み[1970年代編]
ブルース&ソウル・レコーズ 130
ブルース&ソウル・レコーズ 129
ブルース&ソウル・レコーズ 2016年5月号増刊 No.1ヒットで知るソウルの歩み[1957〜69年編]
ブルース&ソウル・レコーズ 128
ブルース&ソウル・レコーズ 127
ブルース&ソウル・レコーズ 126
ブルース&ソウル・レコーズ 125
ブルース&ソウル・レコーズ 124
ブルース&ソウル・レコーズ 123
ブルース&ソウル・レコーズ増刊 伝えておきたいブルースのこと50
ブルース&ソウル・レコーズ 122
ブルース&ソウル・レコーズ 121
ブルース&ソウル・レコーズ 120
ブルース&ソウル・レコーズ 119
ブルース&ソウル・レコーズ 118
  • デヴィッド・ボウイ・イズ 復刻版
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に) 丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に)
丸屋 九兵衛 / 著
2 皆川明100日WORKSHOP 皆川明100日WORKSHOP
ワタリウム美術館(企画監修) / 皆川 明(ことば) /
3 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ
森 百合子 / 著
4 丸屋九兵衛が選ぶ、ヒップホップの決めゼリフ 丸屋九兵衛が選ぶ、ヒップホップの決めゼリフ
丸屋 九兵衛 / 著
5 丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ 丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ
丸屋 九兵衛 / 著
集計期間:2017/3/22~3/28
TO PAGE TOP