ニュース

5/12(金)青山ブックセンター本店で、ハービー・山口 × 渡辺俊美「良い写真とは?」こころに残る写真をめぐるトークショー開催!

  • 2017.04.28
  •  
 
イベントタイトル:
「良い写真とは?」こころに残る写真をめぐるトークショー
ハービー・山口(写真家、エッセイスト)ゲスト:渡辺俊美(ミュージシャン)

■2017年5月 12日(金)19:15~20:45(開場 18:45~)
■会場:青山ブックセンター本店内・小教室
■定員:50名様
■入場料:1,350円(税込)
■ご参加方法詳細: http://www.aoyamabc.jp/event/whatisgreatphoto/

イベント内容

温かな眼差し感じさせる写真とエッセイで人気の写真家、ハービー・山口さんが撮り方についてのはじめての本『良い写真とは?』を発表。写真が大好きな人、撮り方をもっと知りたい人への必読の本です。発売記念のトークショーではミュージシャンの渡辺俊美さんがゲスト出演。写真と音楽に愛をたくし人々に届けつづけている二人のお話をじっくりとうかがいます。イベント終了後、サイン会もあります。

プロフィール
ハービー・山口(はーびー・やまぐち)
1950年、東京生まれ。中学2年生のとき写真部に入り、将来プロの写真家になることを決意する。大学卒業後、写真家を目指して1973年に渡英し、約10年間を過ごす。70年代のパンクムーブメントを実体験し、生きたロンドンの姿を写真に収める。また、多くのロックミュージシャンの撮影で高い評価を受ける。一時期、写真活動を休止して、ツトム・ヤマシタミュージカル劇団レッド・ブッダで役者をしたが、心身ともに大きく成長することができた貴重な経験となる。帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。 多くの作品をモノクロームの、スナップ・ポートレイトというスタイルで残している。その優しく清楚な作風を好むファンは多く、「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」というテーマは、中学時代から現在に至るまでぶれることなく現在も進行中である。 写真発表の傍ら、エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティー、さらには布袋寅泰のプロジェクト「ギタリズム」では作詞家として参加している。 受賞歴:2011年度日本写真協会賞作家賞 大阪芸術大学客員教授 九州産業大学客員教授

渡辺俊美
福島県出身。90年代初頭「TOKYO No.1 SOUL SET」のボーカル&ギタリストとしてデビュー。福島県で生まれ育ち、福島県人バンド「猪苗代湖ズ」でも活動、2011年にNHK紅白歌合戦に出場。
2014年にエッセイ本「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を発表し、ベストセラーに。翌年にはNHK BSプレミアムでドラマ化。
2016年、東日本震災から5年。震災復興の活動で大空に飛ぶ花と復興への想いを表現したANA「東北FLOWER JET オリジナルソング」の作詞・作曲を手掛ける。

書籍紹介
『良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 』著:ハービー・山口 SPACE SHOWER BOOKS刊

温かい眼差しを感じる写真やエッセイで人気の写真家ハービー・山口による写真の撮り方についてのはじめての本。写真が大好きな人、写真の撮り方をもっと知りたい人にとっても必読の著。

写真を撮り続けていく中で、もっと上手くなりたいとか、もっと自分の写真を深くしたいという思いに何度もかられ、その度に写真集や書籍を買いました。
しかし、中には読破出来ないままの写真論を述べた書籍もあるんです。
それは文章が個人的過ぎて、自分に当てはまらなかったり、言い回しが 難解だというのが原因でした。
そこで、上手い写真や深い写真を撮るための、単純で解りやすく、汎 用性があり、ヒントになるようなシンプルで短い表現をずっと探すようになりました。
そうした中で、ふと目ざめた時や、近くのカフェで、単純で理解しやすい文言が頭をよぎると、それを大切にしようと思いました。
その一言を忘れないで、明日からのヒントにすれば、良い写真や人生 につながるんではないかと期待したんです。
そこで、忘れないうちに現場でスマホからツイートした文言がこの本の原型です。
さらにシンプルな表現なので、写真という2文字を他の分野、例えば 演奏とか、あるいは仕事に置き換えても通じる一面があります。
写真とともに、「成るほど、良いじゃないの! 」と楽しんでいただけたら幸いです。(著者まえがきより)

自作を使った撮り方解説も特別掲載! 撮影時の状況やちょっとしたテクニックも。写真が好きな人からプロ志向の人まで、簡潔なことばで心に響くとっておきの108のヒントがあなたの写真を輝かせます。あの名作写真はもちろん、未発表写真も多数掲載。



『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』著:渡辺俊美 マガジンハウス刊

父子の愛情に涙する、NHKでドラマ化もされたお弁当エッセイのベストセラー書籍『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』。父から息子への愛情を、いつも弁当が運んでくれた。二日酔いの朝も、早出の朝も…弁当慣れしない父が、毎朝高校生の息子につくった弁当461食!無骨だけど愛情たっぷり!涙と笑いのお弁当エッセイ。秘伝の調味料、特製おかずのレシピなど(渡辺家の)弁当作りの極意も満載!


関連書籍:
良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
ニュースのカテゴリー
ニュースのバックナンバー
書籍ランキング
1 君の住む街 君の住む街
奥山 由之 / 著
2 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ
森 百合子 / 著
3 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 3日でまわる北欧 in コペンハーゲン
森 百合子 / 著
4 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
5 3日でまわる北欧 in ストックホルム 3日でまわる北欧 in ストックホルム
森 百合子 / 著
集計期間:2017/6/14~6/20
TO PAGE TOP