レビュー
65 / 66« 先頭...6263646566

毎日新聞(1/4東京夕刊)「記者が選ぶ今週はコレ!」にて紹介!

  • 2010.01.06
 
ジャズ・ミュージシャン3つの願い川崎浩さん のレビュー

モダンジャズがまだ黒人の音楽だった1960年代。演奏家たちは厳しい環境の中で、苦しくとも生き生きと音楽を紡ぎ出していた。彼らを精神的、経済的に支えた最も有名な人物が、パノニカ・コーニグズウォーターである。

TBS「新知識階級クマグス」に『TOKYO大学博物館ガイド』著者大坪覚さん出演!

  • 2010.01.01
 
新知識階級クマグスさん のレビュー
2010/1/29(金)深夜24:40~
TBS「新知識階級クマグス」(V6出演)に著者の大坪さんが出演します。

「大学博物館クマグス」として都内のおすすめ大学博物館を5館紹介いたします。


新知識階級クマグス
http://www.tbs.co.jp/kumagus/

平子理沙さんオフィシャルブログ『Candy talk』にて「マイケル・ジャクソン裁判」ご紹介☆

  • 2009.12.11
 
マイケル・ジャクソン裁判平子理沙さん のレビュー

「マイケルジャクソン裁判」
/アフロダイテジョーンズ著
(ブルースインターアクションズ)
はあの裁判の真実を
冷静に描いている本です。
マイケルに良くしてもらった人々が
ウソの証言で裁判を起こし、
検察、弁護士達と共に策をねって
大金をむしり取ろうとし、
大失敗する全てが描かれています。

ロジャー・ディーン幻想画集をご紹介!

  • 2009.12.10
 
Dragon's Dream速水健朗さん のレビュー

ロジャー・ディーンの画集。

yesやユーライア・ヒープのジャケットデザインで有名なイラストレイター。

ロジャーが立ち上げた画集専門の出版社から出たシド・ミードの画集『Sentinel』を通して、リドリー・スコットが興味を持ち『ブレードランナー』に繋がったらしい。

角松敏生さんのサイトにて新刊『ザ・エディット』紹介!

  • 2009.12.09
 
ザ・エディット角松敏生さん のレビュー

「EDIT」という手法についてそのルーツや経緯に焦点をあてた本です。

ダイヤモンド社 メンター・ダイヤモンド学生記者クラブ発:Bane Cafeにて紹介!

  • 2009.12.04
 
新宿駅最後の小さなお店ベルクBane Cafeさん のレビュー

ミニ特集:好きなことを仕事にできるか?

「仲間とつくった砦」

 1日の乗降客が300万人以上と、日本一混雑する新宿駅。その新宿駅から、わずか徒歩15秒のところにある小さなカフェが「ベルク」だ。筆者も利用した経験があり、自家製のレバーのパテはめちゃめちゃ美味かった。

music pen clubにて『レッド・ツェッペリン写真集』紹介!

  • 2009.11.05
 
レッド・ツェッペリン写真集 狂熱の日々上田 和秀さん のレビュー

この記念すべき写真集は、レッド・ツェッペリンの単なるオフィシャル・フォトグラファーというだけでなく、ステージ以外でのツェッペリンに密着し、レンズを向けることを許された唯一のカメラマンであるニール・プレストンに、カリフォルニアのDJシンシア・フォックスがインタビューし、ツェッペリンの秘密に迫った写真と文章による歴史絵巻である。

メレンゲが腐るほど旅したい (メレ子)

  • 2009.10.28
 
メレンゲが腐るほど旅したいアルファブロガー徳力基彦さん のレビュー

「メレンゲが腐るほど旅したい」は、同名のブログを運営しているメレ子さんの書籍です。

献本を頂いていたのですが、読書メモを書けてなかったので、書評抜き読書メモを公開させて頂きます。

メレ子さんは、いわゆる「わさお」の名付け親にして、ブレイクのきっかけを作った方。
そのきっかけとなった記事は、昨年(今年?)のアルファブロガーアワードでも受賞されましたが、ブログを起点にして話題がテレビに伝播してブレイクするという、これからのネットとマスメディアの組み合わせの可能性を感じさせてくれる事例と言えるケースだったと思います。

亀が階段から落ちたらどうなった?

  • 2009.10.27
 
カメが好き! かめ亀KAME図鑑mixiニュースさん のレビュー

亀といえば、これまでどこか地味な存在だった。スポットライトが当たるのはウミガメばかりで、他に思い出すのは縁日で売られるミドリガメくらいなもの。亀が爬虫類であることを知っている人が果たしてどれくらいいるだろうか?

現在ではペットショップに専用のエサが置いてあるし、亀は毎日散歩に行く必要もない。意外にも、決まった場所で排便する習性もあるのだという。"亀ライフ"がブームになる日も、そう遠くはないのかもしれない。

キャメロン・ディアスが“整形”した理由~『キャメロン・ディアス Forever Girl 』

  • 2009.10.09
 
キャメロン・ディアスWEB本の通信社さん のレビュー

『メリーに首ったけ』『チャーリーズ・エンジェル』など数々の大ヒット映画で主演を務めてきた女優のキャメロン・ディアス(37歳)。天真爛漫で気取らないキャラクター役を得意とし、誰もがうらやむ美貌に恵まれた彼女だが、過去に1度だけ美容整形をしたことがあるそうだ。・・・

65 / 66« 先頭...6263646566
  • 奥山由之 写真展「君の住む街」
  • BLUES&SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
レビューのバックナンバー
書籍ランキング
1 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ
森 百合子 / 著
2 3日でまわる北欧 in ストックホルム 3日でまわる北欧 in ストックホルム
森 百合子 / 著
3 皆川明100日WORKSHOP 皆川明100日WORKSHOP
ワタリウム美術館(企画監修) / 皆川 明(ことば) /
4 新R&B入門 新R&B入門
林 剛 / 荘 治虫 / 著
5 新R&B教室 新R&B教室
林 剛 / 荘 治虫 / 著
集計期間:2017/4/19~4/25
TO PAGE TOP